« コードを覚えよう 第3回『3和音』 | トップページ | コードを覚えよう 第5回『その他のコード』 »

2010/08/09

コードを覚えよう 第4回『4和音』

コードとその機能を覚えるには4和音で覚えたほうがいいです。
4和音を覚える事によりコードの機能がより明確になります。

とは言え、4和音が3和音より優れているというわけではありません。
曲調やメロディとの兼ね合いによって3和音の力強さやストレートさのほうがしっくりくる時も多々あります。上手く使い分けるといいです。

では4和音を組み立てていきましょう。
前回の延長線です。ルートからそのスケール上で3度ずつ音を重ねた3和音に4番目の音を加えるだけです。

ド、ミ、ソ → ド、ミ、ソ、
レ、ファ、ラ → レ、ファ、ラ、

前回と同じくCメジャースケールでドから順番に組み立てていきます。
【】内の度数表記も合わせて覚えましょう。他のキーに転調してもわかりやすくするためです。

■CM7(ド、ミ、ソ、シ)【I M7】
http://masakuni.cocolog-nifty.com/CM7.mp3

■Dm7(レ、ファ、ラ、ド)【II m7】
http://masakuni.cocolog-nifty.com/Dm7.mp3

■Em7(ミ、ソ、シ、レ)【III m7】
http://masakuni.cocolog-nifty.com/Em7.mp3

■FM7(ファ、ラ、ド、ミ)【IV M7】
http://masakuni.cocolog-nifty.com/FM7.mp3

■G7(ソ、シ、レ、ファ)【V 7】
http://masakuni.cocolog-nifty.com/G7.mp3

■Am7(ラ、ド、ミ、ソ)【VI m】
http://masakuni.cocolog-nifty.com/Am7.mp3

■Bm7(♭5)(シ、レ、ファ、ラ)【VII m7(♭5)】
http://masakuni.cocolog-nifty.com/Bm75.mp3

4和音に拡張した事により今度は4種類のコードができました。

④メジャーセブンス
(CM7、FM7)
音構成:ルート、M3(長3度)、P5(完全5度)、M7(長7度)
響き:M3の明るさとP5の一体感にM7の鋭さが加わりお洒落もしくはキラキラした感じの響きです。
コードネームはルートの音名の右に大文字のM7が付きます。
覚え方:前回の①メジャー・トライアドに『M7』を付け加えた形です。よってCM7。FM7。

⑤マイナーセブンス
(Dm7、Em7、Am7)
音構成:ルート、m3(短3度)、P5(完全5度)、m7(短7度)
響き:m3の暗さとP5の一体感にm7の適度な緊張感が加わり重さがなくなり暗くなりすぎずお洒落感が増したような響きです。
コードネームはマイナー・トライアド(例:Dmなど)の右に7が付きます(Dm7など)。
覚え方:前回②のマイナー・トライアドに『m7』を付け加えた形です。ただそうなると『Dmm7』のような形になってしまうのでm7(短7度)の関しては『7』と表記されます。よってDm7、Em7、Am7。
m7(短7度)=7(セブンス)と覚えてください!!

⑥セブンス(ドミナントセブンス)
(G7)
音構成:ルート、M3(長3度)、P5(完全5度)、m7(短7度)
響き:M3の明るさとP5の一体感にm7の適度な緊張感をもった響きです。若干不安定(落ち着かない)に聴こえるのはM3とm7との音程間隔がトライトーンの関係であるからです。
コードネームはルートの音名の右に7が付きます。
覚え方:メジャートライアドに『m7』が加わった形です。⑤で語ったようにm7(短7度)=7(セブンス)と表記するのでG(メジャートライアド)+7(セブンス)で『G7』となります。

⑦マイナーセブンス・フラットファイブ(ハーフディミニッシュ)
(Bm7(♭5))
音構成:ルート、m3(短3度)、トライトーン(減5度=増4度)、m7(短7度)
響き:m3の暗さとトライトーンの不安定さと、m7の適度な緊張感をもった響きです。メジャースケール上でこのコードが使われる事はあまりないですが、マイナースケールもしくはマイナースケールに転調する際に使われる事が多いようです。
覚え方:Bm(♭5)にm7=7が加わったコードなので『Bm7(♭5)』と表記されます。


■今回のまとめ
コードネームに小文字のmが付くのはm3(短3度)を含んでいる。M3(長3度)は何も付かない。
コードネームに大文字のM7が付くのはM7(長7度)を含んでいる。m7(短7度)は7と表記する。

重要なのでしっかり覚えてください!!


では次回はその他のコードを紹介します。今は各コードの音構成と響きをしっかり覚えてください。コードの機能、あとテンションコードなどはその後に。
至らない部分もあると思いますので疑問点などあればコメントにて受け付けます。^^;

|

« コードを覚えよう 第3回『3和音』 | トップページ | コードを覚えよう 第5回『その他のコード』 »

コメント

4和音で覚えた方がいいのか、、
いきなりカルチャーショック、w
疑問はまだない、てかまず覚えるぜ!
今回もありがとー!

投稿: river | 2010/08/09 20時13分

>>riverさん
例えば3和音だけで出来たコード進行があるとして、どこかを4和音にしたいとすると理論上どの音を足していいのかわからなくなるかもしれません。
逆にすべて4和音で出来たコード進行を3和音にする事は容易です。各コードの4番目の音を抜けばいいだけです。
という理由がひとつ。
あとは3和音のみではコード進行を語る上で万全ではないからです。3和音のみで成立する曲もありますが。

投稿: まさくに | 2010/08/10 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コードを覚えよう 第3回『3和音』 | トップページ | コードを覚えよう 第5回『その他のコード』 »