« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の5件の記事

2010/08/22

コードを覚えよう 第5回『その他のコード』

前回まででダイアトニックスケール上での基本的なコードを紹介しました。
前回までに紹介したコードだけを並べていってもそれなりに曲は作れます。
しかし、楽曲を彩る上でまだまだよく使われるコードが残っています。


■3度ずつの積み重ねでない変則的なコード

⑧シックス・コード
(C6)

音構成:ルート、M3(長3度)、P5(完全5度)、M6(長6度)
まめ知識:C6(ド、ミ、ソ、ラ)はAm7(ラ、ド、ミ、ソ)と構成音が同じである事からAm7の転回形と捉える事もできます。このようにルート(ベース)の音が何であるかでコードネームも変わってくるわけです。

(Cm6)

音構成:ルート、m3(短3度)、P5(完全5度)、M6(長6度)
こちらはAm7(♭5)の転回形と捉える事もできます。
Cm6(ド、♭ミ、ソ、ラ)
Am7(♭5)(ラ、ド、♭ミ、ソ)

コードネームはトライアド(メジャートライアドの場合はCなど、マイナートライアドの場合はCmなど)の右に『6』が付きます。(C6、Cm6のように)
覚え方:通常、和音は3度ずつ積み重ねるものですが、これはトライアドにM6(長6度)を足した形のコードです。


⑨サスフォー・コード
(G7sus4)

音構成:ルート、P4(完全4度)、P5(完全5度)、m7(短7度)
響き:P4(完全4度)の浮遊感が特徴的なコードです。
覚え方:M3(長3度)の代わりにP4(完全4度)が使われます。ゆえにP4(完全4度)がM3(長3度)に戻りたがっています^^;
7sus4 → 7という進行は定番中の定番です。
あと、7は省略して3和音にしても構いません。


⑩アド・ナインス・コード
(C add9)

音構成:ルート、M2(長2度)、M3(長3度)、P5(完全5度)
響き:M3とM2を全音でぶつけてちょっと刺激的なコードです。綺麗な感じの響きです。

(Cm add9)

音構成:ルート、M2(長2度)、m3(短3度)、P5(完全5度)
響き:m3とM2を半音でぶつけてかなり刺激的なコードです。しかし奥深い感じの響きです。原ジマの歌い出し部分などで使いました。

覚え方:メジャートライアド、もしくはマイナートライアドにM2(長2度)を足すだけです。
まめ知識:和音を3度ずつドから1、3、5、7、9と積み重ねるとド、ミ、ソ、シ、レとなります。しかし、これは『9』のついたテンションコード『CM79』になります。『add9』となるのはドライアド(3和音)に9=M2を足しただけで構成音に『7』が含まれていないからです。


■P5(完全5度)が変化したコード

⑪ディミニッシュ・セブンス・コード(もしくはディミニッシュ・コード)
(Cdim7)

音構成:ルート、m3(短3度)、-5(減5度)、-7=M6(減7度=長6度)
響き:ルートと-5がトライトーンの関係で、さらにm3と-7もトライトーンの関係で不安定すぎて救いようの無いコードです。
覚え方:ルートの音名の右に『dim7』と表記されます。ただこの『7』は例外的で通常の『m7(短7度)』ではなくm7をさらに半音下げた-7(減7度)になります。これはM6(長6度)と異名同音です。4つの音すべてがm3(短3度)の間隔で積み重なっています。『7』を表記せずに4和音でも単に『dim』と表記する事もあります。
ややこしいですが、これがdim7(ディミニッシュ・セブンス・コード)であります。
注意:ちなみにディミニッシュのトライアド(ルート、m3、-5)にm7(短7度)を加えたコードは『◯m7(♭5)』になります。間違えないように!!


⑫オーギュメント・コード
(C(#5)またはCaug)

音構成:ルート、M3(長3度)、+5(増5度)
響き:単体で聴くと不思議な響きです。
覚え方:メジャートライアドのP5(完全5度)が+5(増5度)に変化したコードです。このコードは経過和音的に使われる事が多いようです。
補足:4和音にしようとすればをC7(#5)やCM7(#5)などの形にもできます。


■組み合わせのバリエーション
(CmM7)

音構成:ルート、m3(短3度)、P5(完全5度)、M7(長7度)
響き:少々エグめな響きです。
覚え方:マイナートライアドであるCmにM7(長7度)を足したコードです。『Cm』+『M7』=『CmM7』となります。このコードも経過和音的に使われる事が多いようです。


■まとめ
よく使われると思われるコードは一通り紹介しました。
他にも組み合わせ次第でいろいろなコードが出来ます。
まとめとして一般的なコード表記の仕方を紹介しておきます。

ルート(根音)
 音名(アルファベット)

3度(ルート音名の右下に表記します)
 M3(長3度):省略
 m3(短3度):m

5度(ルート音名の右上に表記します)
 -5(減5度):(♭5)
 P5(完全5度):省略
 +5(増5度):(#5)または aug

7度(ルート音名の右下に表記します マイナーコードの場合はmの右に表記します)
 m7(短7度):7
 M7(長7度):M7


次回はテンション・コード(5和音、6和音)について(予定)
その前に4和音の構成が基礎となるのでしっかり理解しておきましょう。

質問や疑問点はコメントにて受付けます。

| | コメント (5)

2010/08/09

ブログ開設2周年と1日

今日でネット活動&ブログ開設2周年となりました。

いや・・・1日過ぎました(汗)

昨日で2周年です^^;

そして何も用意していないという状況・・・。

ということで即興で絵を描きました。
Cocolog_oekaki_2010_08_09_16_36

描いてから気付いたけど、あいさつする時はきちんと前を見るべきでした・・・。だめだ自分。
すみませんorz

| | コメント (5)

コードを覚えよう 第4回『4和音』

コードとその機能を覚えるには4和音で覚えたほうがいいです。
4和音を覚える事によりコードの機能がより明確になります。

とは言え、4和音が3和音より優れているというわけではありません。
曲調やメロディとの兼ね合いによって3和音の力強さやストレートさのほうがしっくりくる時も多々あります。上手く使い分けるといいです。

では4和音を組み立てていきましょう。
前回の延長線です。ルートからそのスケール上で3度ずつ音を重ねた3和音に4番目の音を加えるだけです。

ド、ミ、ソ → ド、ミ、ソ、
レ、ファ、ラ → レ、ファ、ラ、

前回と同じくCメジャースケールでドから順番に組み立てていきます。
【】内の度数表記も合わせて覚えましょう。他のキーに転調してもわかりやすくするためです。

■CM7(ド、ミ、ソ、シ)【I M7】

■Dm7(レ、ファ、ラ、ド)【II m7】

■Em7(ミ、ソ、シ、レ)【III m7】

■FM7(ファ、ラ、ド、ミ)【IV M7】

■G7(ソ、シ、レ、ファ)【V 7】

■Am7(ラ、ド、ミ、ソ)【VI m】

■Bm7(♭5)(シ、レ、ファ、ラ)【VII m7(♭5)】

4和音に拡張した事により今度は4種類のコードができました。

④メジャーセブンス
(CM7、FM7)
音構成:ルート、M3(長3度)、P5(完全5度)、M7(長7度)
響き:M3の明るさとP5の一体感にM7の鋭さが加わりお洒落もしくはキラキラした感じの響きです。
コードネームはルートの音名の右に大文字のM7が付きます。
覚え方:前回の①メジャー・トライアドに『M7』を付け加えた形です。よってCM7。FM7。

⑤マイナーセブンス
(Dm7、Em7、Am7)
音構成:ルート、m3(短3度)、P5(完全5度)、m7(短7度)
響き:m3の暗さとP5の一体感にm7の適度な緊張感が加わり重さがなくなり暗くなりすぎずお洒落感が増したような響きです。
コードネームはマイナー・トライアド(例:Dmなど)の右に7が付きます(Dm7など)。
覚え方:前回②のマイナー・トライアドに『m7』を付け加えた形です。ただそうなると『Dmm7』のような形になってしまうのでm7(短7度)の関しては『7』と表記されます。よってDm7、Em7、Am7。
m7(短7度)=7(セブンス)と覚えてください!!

⑥セブンス(ドミナントセブンス)
(G7)
音構成:ルート、M3(長3度)、P5(完全5度)、m7(短7度)
響き:M3の明るさとP5の一体感にm7の適度な緊張感をもった響きです。若干不安定(落ち着かない)に聴こえるのはM3とm7との音程間隔がトライトーンの関係であるからです。
コードネームはルートの音名の右に7が付きます。
覚え方:メジャートライアドに『m7』が加わった形です。⑤で語ったようにm7(短7度)=7(セブンス)と表記するのでG(メジャートライアド)+7(セブンス)で『G7』となります。

⑦マイナーセブンス・フラットファイブ(ハーフディミニッシュ)
(Bm7(♭5))
音構成:ルート、m3(短3度)、トライトーン(減5度=増4度)、m7(短7度)
響き:m3の暗さとトライトーンの不安定さと、m7の適度な緊張感をもった響きです。メジャースケール上でこのコードが使われる事はあまりないですが、マイナースケールもしくはマイナースケールに転調する際に使われる事が多いようです。
覚え方:Bm(♭5)にm7=7が加わったコードなので『Bm7(♭5)』と表記されます。


■今回のまとめ
コードネームに小文字のmが付くのはm3(短3度)を含んでいる。M3(長3度)は何も付かない。
コードネームに大文字のM7が付くのはM7(長7度)を含んでいる。m7(短7度)は7と表記する。

重要なのでしっかり覚えてください!!


では次回はその他のコードを紹介します。今は各コードの音構成と響きをしっかり覚えてください。コードの機能、あとテンションコードなどはその後に。
至らない部分もあると思いますので疑問点などあればコメントにて受け付けます。^^;

| | コメント (2)

2010/08/04

現在ボカロ活動停止中

今、ボカロ活動停止してます。
嫌になったとかそういうわけではないです。

充電?と言ったらいいのか・・・。
自分が二人欲しい状況です^^;

これからもどんどん曲発表したいと思っております。
新曲待ってくれてる方々に申し訳ないです。

またそのうち復活します。

ブログ更新は引き続き継続します。

今後とも変わらぬご愛顧よろしくお願い致します。

| | コメント (6)

コードを覚えよう 第3回『3和音』

それではコードを組み立てましょう。

・・・え?

根拠もなくコードを並べても意味がありません。
まずスケールを把握すべきです。

まず一番基本的なダイアトニックスケールで考えていきましょう。

ピアノの白鍵のみで弾けるCメジャースケール(ハ長調)で話を進めていきます。

◯●◯●◯◯●◯●◯●◯◯

■メジャースケール(長音階)の音程
(ド)
(レ)M2(長2度)
(ミ)M3(長3度)
(ファ)P4(完全4度)
(ソ)P5(完全5度)
(ラ)M6(長6度)
(シ)M7(長7度)

音名はCメジャースケールでは左から順番に"C D E F G A B"となります。
メジャースケールの音の間隔は"全全半全全全半"です。
転調したら音名(アルファベット表記)は変わりますがドレミファソラシの音の間隔は変わりません。ドレミファソラシが平行移動するだけです。

コードは基本、スケールに沿って3度ずつの音を積み重ねたものです。
ドミソ、レファラ、ミソシなど。

それではドから順番に3和音(トライアド)でコードを組み立てていきましょう。
【】内の度数表記も覚えておきましょう。コード進行がわかりやすくなるのと、どのキーに転調しても応用がききます。

■C(ド、ミ、ソ)【I】

■Dm(レ、ファ、ラ)【II m】

■Em(ミ、ソ、シ)【III m】

■F(ファ、ラ、ド)【IV】

■G(ソ、シ、レ)【V】

■Am(ラ、ド、ミ)【VI m】

■Bm(♭5)=Bdim(シ、レ、ファ)【VII dim】


このように7個のコードが導き出されます。
このCメジャースケールではこれらのコードが使えるというわけです。
コードの種類としては3種類です。

コードの音構成はルートからの音の間隔で覚えましょう。

①メジャー・トライアド
(C、F、G)
音構成:ルート、M3(長3度)、P5(完全5度)
響き:M3の明るさとP5の一体感。最も基本的なコード。
コードネームはルートの音名のみで表記されます。

②マイナー・トライアド
(Dm、Em、Am)
音構成:ルート、m3(短3度)、P5(完全5度)
響き:m3の暗さ、哀しさとP5の一体感。こちらも基本的なコード。
コードネームはルートの音名の右に小文字のmが付きます。

③ディミニッシュ・トライアド
(Bm(♭5)=Bdim)
音構成:ルート、m3(短3度)、トライトーン(減5度=増4度)
響き:m3の暗さ、哀しさとトライトーンによる不安定感で不気味な感じのコードです。
3和音では説明がしにくいので4和音編であらためて説明します。まだ覚えなくていいです^^;


■今回のまとめ
M3(長3度)があればメジャー系コードとなり、m3(短3度)があればマイナー系コードになります。
基本的にP5(完全5度)はメジャーコード、マイナーコードどちらも共通して使われます。
逆にP5(完全5度)がないコードは特殊なコードとなります。(ディミニッシュコード、後で紹介するオーギュメントコードなど)


次回はコードの拡張という事で4和音について触れていきます。

説明って難しいですね。わからない事や疑問点はコメントにて随時受け付けます。^^

| | コメント (2)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »