« コードを覚えよう 第6回『転回形、ヴォイシング、分数コード』 | トップページ | コードを覚えよう 第8回『テンション・コード』 »

2010/09/30

コードを覚えよう 第7回『マイナースケール上のコード』

テンションに行く前にマイナースケール上(短音階)のコードにも触れておきます。

メジャースケール(長音階)と共に使われる頻度の高いスケールです。
1個しかないメジャースケール(長音階)と比べると、マイナースケール(短音階)は3個と少し複雑です。

マイナースケールの音程間隔を簡単に言ってしまうと、メジャースケールのラからはじまる「ラシドレミファソ」でマイナースケール(ナチュラル・マイナースケール)になります。

しかし今回の講座では、音程の間隔とメジャースケールとの変化点を理解しやすくする為に、ピアノの白鍵のみで弾けるCメジャースケールから変化させて解説します。ですのでメジャースケールの音程間隔は絶対に理解しておいてください。


①ナチュラル・マイナースケール(自然的短音階)

■ナチュラル・マイナースケールの音程
(ド)
(レ)M2(長2度)
(ミ♭)m3(短3度)
(ファ)P4(完全4度)
(ソ)P5(完全5度)
(ラ♭)m6(短6度)
(シ♭)m7(短7度)

ド レ ミ♭ ファ ソ ラ♭ シ♭

メジャースケールのミとラとシの3音を半音下げます。(Cメジャースケールから変化させるとこの変化した3音がピアノの黒鍵になります)

■スケールから導き出される7つのコード
(ド)Cm7【I m7】
(レ)Dm7(♭5)【II m7(♭5)】
(ミ♭)E♭M7【♭III M7】
(ファ)Fm7【IV m7】
(ソ)Gm7【V m7】
(ラ♭)A♭M7【♭VI M7】
(シ♭)B♭7【♭VII 7】

■欠点
コード進行の上でメジャースケールの時のようにV7(不安)→IM7(解決)というドミナントモーションができません。B♭7をドミナントにするとE♭M7に解決してE♭メジャースケールに転調してしまいます。
これをG7→Cm7というように進行できるようにしたのが次回に紹介するハーモニック・マイナースケールです。


②ハーモニック・マイナースケール(和声的短音階)

■ハーモニック・マイナースケールの音程
(ド)
(レ)M2(長2度)
(ミ♭)m3(短3度)
(ファ)P4(完全4度)
(ソ)P5(完全5度)
(ラ♭)m6(短6度)
(シ)M7(長7度)

ド レ ミ♭ ファ ソ ラ♭ 

ナチュラル・マイナースケールのシの音を半音上げます。

■スケールから導き出される7つのコード
(ド)CmM7【I mM7】
(レ)Dm7(♭5)【II m7(♭5)】
(ミ♭)E♭M7(#5)【♭III M7(#5)】
(ファ)Fm7【IV m7】
(ソ)G7【V 7】
(ラ♭)A♭M7【♭VI M7】
(シ)Bdim7【VII 7】

■欠点
♭ラとシの間が全音半開いてしまい終始このスケールで弾くとエスニック?な響きになります。この辺りの理論はヨーロッパのクラシック音楽からですが、当時のヨーロッパの人達はこのエスニックな響き=下世話という認識があったのかも知れません・・・。(この欠点を補ったのが次に紹介するメロディック・マイナースケール(旋律的短音階)です)
ゆえに一般的にこのスケールを使うのはドミナントモーションの時だけでその後ナチュラルマイナースケールに解決する事が多いです。 
V7(ハーモニックマイナー)→Im7(ナチュラルマイナー)


③メロディック・マイナースケール(旋律的短音階)

■メロディック・マイナースケールの音程
(ド)
(レ)M2(長2度)
(ミ♭)m3(短3度)
(ファ)P4(完全4度)
(ソ)P5(完全5度)
(ラ)m6(長6度)
(シ)M7(長7度)

ド レ ミ♭ ファ ソ  シ

ハーモニック・マイナースケールのラの音を半音上げます。
ハーモニック・マイナースケールの欠点でもある♭ラとシの間の全音半の間隔をなんとか全音間隔におさめたスケールです。

■スケールから導き出される7つのコード
(ド)CmM7【I mM7】
(レ)Dm7【II m7】
(ミ♭)E♭M7(#5)【♭III M7(#5)】
(ファ)F7【IV 7】
(ソ)G7【V 7】
(ラ)Am7(♭5)【VI m7(♭5)】
(シ)Bdim7【VII 7】

■欠点
気がついた人もいるかも知れませんが、ミ♭以外はすべてメジャースケールです・・・。
ここまでくると短調の雰囲気も薄れてくるので、マイナースケールでは以上で紹介した3つのスケールを時と場合によって使い分けるのです。これはこれで個人的には好きですが。


■今回のまとめ
マイナースケールはメジャースケールほど完璧ではありません。しかし、現代でも音楽にとって欠かせない魅力的なスケールである事は事実です。
ナチュラルマイナースケールを中心に他の2つのマイナースケールを補助的に織り交ぜながら使っていくのが基本です。

|

« コードを覚えよう 第6回『転回形、ヴォイシング、分数コード』 | トップページ | コードを覚えよう 第8回『テンション・コード』 »

コメント

コラボ用新曲に集中してて先ほど完成!
やっと来れた~。

マイナースケール、3つあるのは知ってたけどなんでメジャーと比べてこんな数あるんだろうと思ってたらそういう事だったのか・・。
この3つはどんな時にどれを使うんだよヽ|゚Д゚|ノ、て思ってたけど、なるほど・・、使い分けるのね・・。
曲進行でのイメージでこうしたい、てのがあればそれに応じたスケールを選べばいいのか。。

ありがと、今回も感謝!

投稿: river | 2010/11/10 09時25分

>>riverさん
コラボ用新曲制作ですか〜お疲れ様です!
スケールがわかれば使用すべきコードが見えてくると思います。
いつもコメントありがとございます。

投稿: まさくに | 2010/11/14 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コードを覚えよう 第6回『転回形、ヴォイシング、分数コード』 | トップページ | コードを覚えよう 第8回『テンション・コード』 »